代表・音楽監督兼常任指揮者

 

下村郁哉  Ikuya SHIMOMURA

 

鹿児島県南さつま市大浦町出身。鹿児島県立加世田高等学校卒業。武蔵野音楽大学卒業。黒岩英臣、石丸寛、ヘルムート・リリンク氏の諸氏に師事。1987年プロ混声合唱団、東京カンマーコーアに入団、指揮者としても活躍する。1991年新日本フィルと東京カンマーコーアを指揮してデビュー。「音楽の友」「音楽芸術」他数誌より

「指揮者としての音作りと声部のバランスが卓越しており、将来大きな期待をしかと感じさせる指揮者」と評される。これまでに、海外公演はオーストリア、ドイツ、スペイン、チェコ、フランス、スイス、ハンガリー、ベルギー、リトアニア、中国に及び、シュトゥットガルトのバッハ・アカデミー国際指揮マスターコースなど、海外でのオーディションにも多数合格。ベートーヴェンの「第九」の解釈と指導には定評があり、「サントリー1万人の第九」「国技館すみだ5000人の第九」「日本航空第九コンサート」「河口湖第九コンサート」「ONE SUNTORY みんなの第九」など、国内の主要な「第九」コンサートの指導、指揮を務め、これまでに150以上の合唱団を指導するなど日本を代表する「第九」指導者として活躍。佐渡裕氏をはじめ第一線に立つ著名な指揮者からの信頼も絶大である。現在、各合唱コンクールの審査員や合唱祭の講評者を務める。

大学、職場など全国のアマチュアコーラスの育成に携わるほか、現代曲や未発表作品の演奏にも積極的に取り組み、その活動に各方面からの益々の注目と期待が集まっている。小中学生を対象とした講演活動「感動は人を変える」は大きな反響を呼び、夢を持つことの素晴らしさや大切さを若い世代に伝えている。本人(下村)の半生をテーマにした混声合唱組曲「楽の音は天より響き」「心の架け橋」は好評を博す。現在、合唱団「郁の会」代表・音楽監督兼常任指揮者、プロ女声合唱団「コール・シュリンクス」音楽監督、コールミレニアム指揮者、日本ベートーヴェン協会会長、江戸川音楽協議会アドバイザーとして活躍する。

 

ピアノ

 

三國 洸  Takeru MIKUNI

 

 1986年、東京生まれ。桐朋女子高等学校音楽科(男女共学)、桐朋学園大学音楽学部演奏学科を経て、2011年、桐朋学園大学院大学音楽研究科演奏研究専攻(修士課程)修了。これまでに三谷温、北村陽子、玉置善己、若林顕、三上桂子、野島稔の各氏に師事。

大学在学中よりソロや室内楽、オーケストラとの共演など幅広く積極的に演奏活動を行う。

 2011年11月より2014年3月までアーティスト・イン・レジデンス事業により北海道中札内村に滞在。

 2013年6月には音楽活動の功績を讃えられ村内の宿泊施設である中札内農村休暇村フェーリエンドルフ内に「三國ピアノ・サロン」がオープン。ソロや室内楽など多彩なプログラムによるコンサートシリーズは好評を博した。                     

2014年3月に帰京し、現在東京を中心にソロや室内楽、歌曲伴奏など多岐に渡り活動している。

 

 

 

 

 

 

ヴォイストレーナー

 

菅又 美玲   Mirei SUGAMATA

 

 武蔵野音楽大学・同大学院終了。声楽を佐伯真弥子、エレナ・オブラスツォワの各氏に師事。オペラ≪ドン・ジョヴァンニ≫≪秘密の結婚≫≪愛の妙薬≫≪魔笛≫などに出演。故・小松一彦氏、黒岩英臣氏などの指揮で共演。カトリックの家庭と環境で育ったため教会音楽への造詣も深く、ウィーンでモーツァルト≪ミサ曲ハ短調≫など、数々の宗教曲のソリストを務める。また政府の助成による「日本文化週間」ではウクライナとドイツで演奏。

 「国技館5000人の第九」に出演する子供たちや児童合唱団の他、数団体のアマチュア合唱団を指導。クラシック以外のジャンルも歌う。個人で和声・作編曲法も習得、高校時代からの趣味であったDAW(デジタル音源)を扱う作編曲家としても活躍、楽曲の解説や分析にも定評がある。カトリック田園調布教会ソリスト。学生時代には「のだめカンタービレ」の取材協力をし、身近な友人やエピソードがモデルになり同作に登場している。